SAFE KIDS WORLDWIDE JAPAN

menu

close

Safe Kids Japanとは

設立目的

NPO法人Safe Kids Japanの設立について

日本では、1歳以上の子どもの死亡原因の第1位は「不慮の事故」となっており、
この状況は1960年から変わっていません。
入院や外来受診が必要な事故は、日々、全国いたる所で同じように起こっています。
すなわち「事故による傷害」は子どもの健康問題として最も重要な課題となっているのです。
しかし、日本では組織だった啓発活動は行われていませんでした。

米国では、1988年、事故による子どもの傷害を予防するためのNPO法人が設立され、
チャイルドシートの着用指導が開始されました。
2005年にはSafe Kids Worldwideという名称の国際組織となり、
米国内には500ヶ所以上の支部、世界では25ヶ国が加盟する組織となりました。
現在、WHO(世界保健機関)の傷害予防部門、CDC(米疾病予防センター)、
CPSC(アメリカ消費者製品安全委員会)などと連携して活動しています。

この度、わが国でもSafe Kids JapanというNPO法人を設立しました。
Safe Kids Worldwideや国立成育医療研究センター、産業技術総合研究所などと連携して、
子どもの傷害予防に関する様々な活動を行うことといたしました。

傷害を予防するためにはいろいろな領域の人々が関わることが不可欠です。
言い換えれば、すべての人に傷害予防についての役割があるのです。
皆でいっしょに子どもの傷害予防に取り組もうではありませんか。

山中龍宏(やまなかたつひろ)

NPO法人Safe Kids Japan理事長 山中龍宏

日本の子どもの死亡原因

日本の子どもの1歳~19歳の死亡原因の第一位は「予防できる事故」です

日本では、予防できる傷害が1歳以上の子どもの死亡原因の第一位です。
世界では、30秒に1人、事故による傷害で子どもが亡くなっています。
Safe Kids Japanの目標は、「すべての子どもを予防できる傷害から守る」ことです。

年齢
第1位
第2位
第3位
第4位
第5位
0歳
先天奇形等715人
呼吸障害等248人
乳幼児突然死
症候群
96人
出血性障害等83人
事故81人
1~4歳
先天奇形等159人
事故109人
悪性新生物68人
肺炎50人
心疾患50人
5~9歳
悪性新生物100人
事故87人
先天奇形等33人
心疾患26人
肺炎25人
10~14歳
悪性新生物107人
自殺89人
事故74人
先天奇形等28人
心疾患18人
15~19歳
自殺447人
事故288人
悪性新生物147人
心疾患52人
その他新生物21人

(2015年厚生労働省人口動態統計より)

Safe Kids Worldwide

1988年にアメリカの子ども病院(Children’s National Medical Center)の
医師アイケルバーグ(小児外科医)と フィーレイが、Johnson & Johhsonの
支援を受けて、事故による子どもの傷害を予防するための非営利団体として設立。

2005年にはSafe Kids Worldwide という名称の国際組織となり、
1歳〜19歳までの子どもの事故の発生率を約60%削減しました。
交通事故、おぼれ、転落、やけど、中毒などの事故を防ぐために、
現在、米国内には600ヶ所以上の支部が、世界では25ヶ国以上が加盟する組織となり、
WHO(世界保健機関)の傷害予防部門、CDC(米疾病予防センター)、
CPSC(アメリカ消費者製品安全委員会)などと連携して活動しています。

世界地図

組織概要

団体名

特定非営利活動法人
Safe Kids Japan

本部所在地

東京都世田谷区大蔵 2-10-1 
国立開発研究法人
国立成育医療研究センター

設立年度

  • 特定非営利活動法人内閣府認証取得
    2014年4月22日
  • 登記完了 法人設立
    2014年5月7日

役員

  • 理事長:山中龍宏
  • 副理事長:賀藤均
  • 理事:阪井裕一

  • 理事:奥山眞紀子
  • 理事:藤原武男
  • 理事:西田佳史

  • 理事:大野美喜子
  • 理事:北村光司
  • 理事:本村陽一

活動分野

子どもの傷害予防のための啓発活動

LINEで送る