SAFE KIDS WORLDWIDE JAPAN

menu

close

keep kids safe

活動報告

6月9日に開催したシンポジウム「これで防げる 学校体育・スポーツ事故 〜繰り返されるプール事故から子どもを守る〜」について報告しています。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月14日

当会も加盟しております(一社)全国消費者団体連絡会とPLオンブズ会議の共催による学習会が、下記要領にて開催されることになりました。山中理事長がCDRについて話をすることになりましたので、ご案内申し上げます。 日 時 2018年9月12日(水)18:00-20:00 会 場 主婦会館プラザエフ 5階会議室 内 容 1. 平成30年消費者白書 特集「子どもの事故防止に向けて」の報告 澤井 夏子さん(前・消費者庁消費者調査課長)     2. Safe Kids Japanの取り組みについて、CDR(チャイルドデスレビュー) について 山中 龍宏(SKJ理事長) 参加費 SKJ会員は無料(一般の方は500円) 申 込 http://www.shodanren.gr.jp/Annai/pdf/615_03.pdf

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月11日

9月8日(土)活動報告会および臨時総会を開催します。 活動報告会はどなたでもご参加いただくことができます。 Safe Kids Japan理事による最近の活動報告を行う予定です。 「Yahoo!ニュースで発信する子どもの傷害予防〜その背景と反響(仮題)」山中 龍宏 「”無理”を科学する〜本当に機能する監視とは(仮題)」西田 佳史 「Co-Designでつくる子どもにやさしい製品〜学生向け講座実施報告(仮題)」大野 美喜子 詳細・お申し込みは当会ウェブサイトからお願いいたします。みなさまのお越しをお待ちしております。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月2日

はっ!いつの間にか「いいね!」が300件に! みなさま、ありがとうございます。 これからも「子どもの傷害予防」に資する投稿を続けてまいります。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月1日

先日、山中理事長がYahoo!ニュースに投稿した記事の中でも触れた昭和記念公園のプール。そのプールの監視体制について、朝日新聞の滝沢記者が取材してくださいました。 記事から… 「プールの運営担当者によると、レインボープールに入場するには、6歳未満の子どもは保護者の付き添いが必要。さらに、泳げるかどうかに関係無く、大波プールや流水プールなど、水深1メートル以上のプールでは、身長120センチ以下の子どもも同様です。そのうえで保護者に「手の届く範囲で」と呼びかけています。」

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月12日

幼児のプール事故を予防するためのキーワード「手の届く範囲」とは?山中理事長が解説します。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月10日

Safe Kids Japanでは、現在「子どもの傷害予防リーダー養成講座〈学生コース〉」を実施中です。大学生、大学院生、高校生11名が参加してくれています。 初日は、 ・子どもの傷害予防を考える(SKJ理事 大野 美喜子) ・子どもの安全規格 Guide 50(技術士 瀬戸 馨) ・すぐれた選手・チームを育てるための指導力〜裁判例からスポーツ事故予防を考える(弁護士 望月 浩一郎) ・遊び場の安全を考える(松野 敬子) というセミナーと、 ・「シーン別の『あぶない!』を見つけよう」(吉村 眞由美) というワークが開かれています。 明日はグループに分かれ、 ・朝日新聞社 ・乃村工藝社 ・森ビル ・リクシル の4社を訪問、各社の「子どもの安全」への取り組みについてお話を伺います。 最終日は、「子どもの傷害予防」を製品に生かす考え方と実践について学び、2日間の学びを形にするワークをして終了となります。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月2日

屋内遊び場であっても水分補給は忘れずに・・・山中理事長が共同通信の取材に応じました。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月1日
MORE活動報告をもっとみる
CLOSE活動報告を閉じる

わたしたちのミッション

日本では、1-19歳の死亡原因の第1位は、「予防可能な事故による傷害」となっています。
世界では、30秒に1人、事故で子どもたちが死亡しています。
死亡には至らなくても、入院や外来受診などを余儀なくされてしまう事故が、毎日、全国各地で頻繁に起きています。
病気と同じように、事故は子どもたちの重要な健康問題なのです。
健康に育ち、夢に挑戦することは、すべての子どもたちに与えられた権利です。
すべての子どもを「予防可能な傷害」から守り、子どもたちの健康を増進すること。
それが、私たち『Safe Kids Japan』のミッションです。

Danger Lurking Map Danger Lurking Map