SAFE KIDS WORLDWIDE JAPAN

menu

close

keep kids safe

活動報告

幼稚園のプールで溺れそうになっている園児・・・中国から届いた映像を見て考えます。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年9月15日

9月8日(土)午後、活動報告会を開催いたしました。多くのみなさまにご参加いただき、誠にありがとうございました。当日の様子を写真でご紹介いたします。 報告1 傷害予防活動とメディア〜1人から1万人へ〜 山中 龍宏  報告2 どれだけ速く事故は起こるのか? 西田佳史  報告3 Co-Designでつくる子どもにやさしい製品  大野美喜子  報告4 学生コース参加者による発表

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年9月10日

検証委員会が立ち上がり、報告書も出されているけれど・・・その報告書は「予防につながる」内容になっているでしょうか? 山中理事長が「予防」の観点から切り込みます。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月30日

カナダ オンタリオ州で開催されている「Japan Festival」に、Safe Kids WorldwideがDENSOと共に出展参加しています。 Safe Kids Japanも、動画教材「安全に自転車を乗りこなそう!」の英語版などを提供しました。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月26日

9月12日、全国消費者団体連絡会およびPLオンブズ会議主催の勉強会「子どもの安全勉強会」が開かれました。 「平成30年版消費者白書」(特集:子どもの事故防止に向けて)の編集・制作を担当された、前・消費者庁消費者調査課長 澤井 景子さんの報告に続き、「CDR(チャイルド・デス・レビュー)」について、当会理事長 山中 龍宏がお話をしました。CDRとは何か、なぜCDRが必要なのか、CDR法制化に向けた課題などについて、熱く語った60分でした。 消費者白書 http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_research/white_paper/

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年9月13日

東京ではJPN TAXIが急増、それに伴い、「UD TAXI」のマークを付けた車両もしばしば目にするようになりました。そもそも「UD」とは何でしょう?そしてこのマークの付いた車両は本当に「UD」と言えるのでしょうか?

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年9月10日

昨年1月13日、学校の授業中にハンドボールのゴール転倒によって亡くなった梅崎 晴翔くん(当時10歳)。晴翔くんが遺したひまわりがこの夏満開になり、その種を祖父の清人さんから送っていただきました。

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月30日

今月の"HugKum"では、川特有の「あぶない!」について、西田理事にお話を聞きました。 川で尻もちをつくと一気に流されてしまう・・・それは一体なぜなのでしょうか?

Safe Kids Japan さんの投稿  2018年8月26日
MORE活動報告をもっとみる
CLOSE活動報告を閉じる

わたしたちのミッション

日本では、1-19歳の死亡原因の第1位は、「予防可能な事故による傷害」となっています。
世界では、30秒に1人、事故で子どもたちが死亡しています。
死亡には至らなくても、入院や外来受診などを余儀なくされてしまう事故が、毎日、全国各地で頻繁に起きています。
病気と同じように、事故は子どもたちの重要な健康問題なのです。
健康に育ち、夢に挑戦することは、すべての子どもたちに与えられた権利です。
すべての子どもを「予防可能な傷害」から守り、子どもたちの健康を増進すること。
それが、私たち『Safe Kids Japan』のミッションです。

Danger Lurking Map Danger Lurking Map